当社製PLCを使用することで設備間をEthernet(EtherNet/IP またはModbus/TCP)で接続させる使用事例
 
当社製PLCを使用することで設備間をEthernet(EtherNet/IP またはModbus/TCP)で接続させる使用事例
■PLC
使用例
SJ-Etherを使用することで、設備間をEthernet(EtherNet/IP またはModbus/TCP)で接続できます。
設備Cと設備DだけPLCが違う、PLCが使用されてない場合でも、安価にEthernetへ接続が可能です。
設備Cに他社PLC(注1)採用時にも、当社PLCを経由することで、Ethernet接続可能です。
注1:SJ-Etherは下記のプロトコルをサポートしています。
他社PLCの空きポートが下記プロトコルをサポートしていれば、シリアル通信で接続できます。
三菱電機製:MCプロトコル
オムロン製:Cモードコマンド/FINSコマンド
設備DにPLC未搭載でも、当社PLCを追加し、信号線をPLC入力に接続することで、設備情報をEthernetに繋げることが可能になります。
各設備をネットワーク上に接続することで、ラインの一元情報として捉えることが可能です。
 
■部品表
部品 型番 備考
PLC SJ-11DD1EP-D(SJ-Ether)  


※記載されてる会社名、製品名は各社の登録商標、または商標です。 本サイトに掲載されている会社名、システム名、製品名等には必ずしも商標表示(TR.R)を付記しておりません。
 


【光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト トップページへ】
【光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト トップページへ】

ご注文の流れ

ご注文の流れ - 光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト