コンベア上のワークサイズを測長し、ワークの中心位置出しをしてコンベアを制御する使用事例
 
■組合せ使用例
エンコーダとセンサとPLCを組み合わせることにより、サイズの異なるワークの中心位置を出して止める制御ができます。
ワークサイズを測定し、ワークの中心位置を算出し、止めることが可能です。
※センサがワークを検出をしている間のエンコーダのパルス数からワークサイズを測定します。
 
コンベア上のワークサイズを測長し、ワークの中心位置出しをしてコンベアを制御する使用事例
-例-
コンベア上のワークサイズを測長し、ワークの中心位置出しをしてコンベアを制御する使用事例

■エンコーダの選定
位置決め精度とプーリー円周から計算し、最適パルスのエンコーダを選べます。
-例-
 
必要精度:±1mm
コンベヤプーリー直径:50mm
コンベヤプーリー円周:157mm(=直径×π)
157(mm)÷1(mm)=157
計算より、157パルス以上のエンコーダを選定します。
※上記、エンコーダが2500パルスの場合、理論上の精度は±0.0628mmになります。
※1,000パルス選択時
コンベヤスピード500mm/sで、3.18kHzになります。
 
■エンコーダ
・2500P/Rまであります。
・オープンコレクタ出力もあります。(TRD-SR***-A
・中空軸形もあります。(TRD-SHR***-A*TRD-SHR***-C
 
■カップリング
・使用条件に合わせて選択できるよう樹脂製と金属製、板バネ製3種類のカップリングを用意してます。
・基本的には、高分解能には金属製/板バネ製、低分解能には樹脂製を採用されることをおすすめします。
・尚、激しい加減速、正転逆転、間欠の発生する用途、起動トルクが大きいタイプのエンコーダを使用する時には、比較的低分解能であっても金属生のカップリングを選び、及び超低回転速度の発生する用途、起動トルクが大きいタイプのエンコーダを使用する時には、板バネ製のカップリングを選ぶ方が、より安心して使用できます。
 
■PLC
モータコントローラの必要信号に合わせ、出力仕様を選べます。
SJ-11DD2EP-DはDC24Vソース出力になります。
パルスカウントモード、最大100kHz対応。
 
■光電センサ
QS186EB(投光側)、QS18VN6RB(受光側)を使用します。
検出距離は3m、出力はNPNです。
 
■部品表
部品 型番 備考
エンコーダ TRD-SR***-C トーテムポール出力
カップリング GJ-6 樹脂製
PLC SJ-11DD2EP-D  
光電センサ QS186EB 投光
QS18VN6RB 受光






【光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト トップページへ】
【光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト トップページへ】

ご注文の流れ

ご注文の流れ - 光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト