回転テーブルを決められた角度だけ回転し止める使用事例

■使用例
エンコーダで回転テーブルの回転角を計測し、決められた角度でテーブルを制御できます。
アブソリュート形を選択することで、絶対角度を指定できます。
回転テーブルを1/4回転(90°)づつ制御、エンコーダ:9-bit(分解能360)選択時、90(360の1/4)で、1/4回転(90°)の絶対角制御ができます。

PLC エンコーダ 回転テーブルを決められた角度だけ回転し止める使用事例

■エンコーダの選定
位置決め精度から計算し、最適分解能のエンコーダを選びます。
−例−
必要精度 : ±1°
回転テーブルの円周 360°
360(°) ÷ 1(°) = 360
計算より、分解能360以上のエンコーダを選定します。
※上記、エンコーダが11-bit(分解能:2048)の場合、理論上の精度は±0.176°になります。

■エンコーダ
・NPN出力は、11-bit(分解能:2048)まであります。
・PNP出力(10-bit)もあります。

■PLC
・ベースは、スロット数を選べます。(3、4、6、9スロット。CPUスロット含む)
・エンコーダの周波数は、入力モジュールの応答速度以下になります。(概ね100Hz以下)

■部品表
部品 型番 備考
エンコーダ TRD-NA***NW  
カップリング GJ-6  
PLC(ベース) D2-03BDC1-1  
PLC(CPU) D2-265  
PLC(入力) D2-16ND3-2  
PLC(出力) D2-08TD2  



【光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト トップページへ】
【光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト トップページへ】

ご注文の流れ

ご注文の流れ - 光洋電子工業株式会社 オフィシャル通販サイト